九州について

九州について

2022/04/15

佐賀

ご当地グルメ

郷土料理

須古すし

 

 

農山漁村の「郷土料理百選」に選定されました 白石町須古地区では、お祭りやお祝いの時に作る「箱ずし(押しずし)」です。藩政時代から500年もの間、各家庭の味として受け継がれてきました。言い伝えによると、須古代々の領主は寮内の領民をことのほか愛護し、米の品種改良に努めてきた。これに、領民が感謝の気持ちから「すし」を作り、献上したと言われております。

 

 

取扱店

須古寿し・かどや

佐賀県杵島郡白石町堤628 TEL:0952-84-2220

 

だぶ

 

 

ダイエット食としても優れています お祝いや憂いの時など、集落の人が共同で作った郷土料理です。はれの時は四角に材料を切り、うれいの時は三角に切ったりもする。味付けも、はれの時は砂糖を使用しない、憂いは味が不足するので砂糖をきかすなどその時々によって味付けも変化させる料理です。

 

にいもじ

 

 

さっぱり!夏の佐賀の味 みずいもの酢の物「にいもじ」は、夏場の日常食。ひんやりと冷やして食べると食欲の落ちる夏には最高です。みずいもで作りますが、地域によっては「ずいき」と呼び干して保存をした物を使用したりもします。

 

肥前茶がゆ

 

 

佐賀のふるさとの味、お茶+おかゆ=「おちゃがい」です。 お茶にはカテキン、テアニン、フラボノイドなど体に良い多くの成分が含まれており、佐賀の食文化「おちゃがい」は高血圧、ガン予防他ダイエットにも最適です。また、夏には冷やしてサラサラと冬にはフーフーとおいしく体もぽかぽか、食もすすみます。朝食に食べると眠気覚ましにもなり、疲労回復、リラックス効果も!

 

 

取扱店

萬象閣敷島

嬉野市嬉野町岩屋川内甲114-1 TEL:0954-43-3135

観光ホテル 大正屋

嬉野市嬉野町下宿乙2276-1 TEL:0954-42-1170

 

 

温泉湯豆腐

 

 

嬉野の温泉水だからこそできる奇跡!とろけるお豆腐をぜひお召し上がりください 佐賀県の嬉野温泉は、肥前風土記にも登場する歴史ある温泉で、江戸時代には長崎街道の宿場町として栄えたところ。ぬめりのあるお湯はナトリウムを多く含む重曹泉で、近年、この弱アルカリ性のお湯が角質化した肌をなめらかにするとして、斐乃上温泉(島根)と喜連川温泉(栃木)と共に「日本三大美肌の湯」に選ばれ、注目を浴びています。実はこのつるつるすべすべの美肌の湯が、なにを隠そう、温泉湯豆腐の生みの親。弱アルカリ性のお湯が、豆腐をとろとろにとろけさせるのです。まさに、嬉野温泉のお湯のチカラ!

 

 

取扱店

佐嘉平川屋

佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙1463 TEL:0954-43-1241

 

ごどうふ

 

 

もちもちの食感とプリンの様なのどごしが特徴! 有田に伝わる名物が “ごどうふ” です。大豆本来の豊潤で濃厚な風味、トロリとしてプリンのようになめらかな食感と光沢をもつごどうふ。老若男女を問わず、この有田で愛され続けています。厳選した丸大豆を100%使用し、昔ながらの製法で手造りにこだわり、ひとつひとつ丁寧に造り続けています。九州地方特有のあまくち醤油が良くあうが、酢味噌やすりゴマと醤油を混ぜ砂糖で味を整えたごま醤油、わさび醤油もよく合います。

 

 

取扱店

久保田岩男商店

西松浦郡有田町黒川丙690−35 TEL:0955-46-3046

 

  • facebook
  • instagram