九観どっとねっと

TOP > おすすめ旅行プラン > 日本遺産 日本一豊かな隠れ里 人吉 1泊2日

おススメ旅行プラン

玄界灘 いか料理と伊万里焼の旅 - 佐賀県有数の観光地を巡りながら、玄界灘で捕れた新鮮な呼子のイカを楽しむ佐賀県をのんびりと満喫できるコースです。佐賀の歴史と美味しい料理、美肌温泉と全てに満足できること間違いなし!

1日目

スタート

熊本空港・熊本駅

10:00

10:15

バスで15分
スポット01

くまもとじょう・じょうさいえん熊本城 二の丸広場・城彩苑

熊本城

熊本城の復興の様子が見ることが出来る二の丸広場熊本城内二の丸にある広場。2016年4月の熊本地震により、被害のあった熊本城内で、立入ができ、本丸の天守閣の様子などが遠望できるスポット。
本城(くまもとじょう)は、現在の熊本県熊本市中央区に築かれた安土桃山時代から江戸時代の日本の城。別名「銀杏城(ぎんなんじょう)」。
加藤清正が中世城郭を取り込み改築した平山城で、加藤氏改易後の江戸時代の大半は熊本藩細川家の居城。明治の西南戦争の戦場となった。西南戦争の直前に大小天守や御殿など本丸の建築群が焼失し、現在の天守は1960年の再建である[1]。宇土櫓などの現存する櫓・城門・塀13棟は国の重要文化財に指定されている。また、城跡は「熊本城跡」として国の特別史跡に指定されている。
天守閣内部には熊本市立熊本博物館の分館としての展示があり、公式には熊本城の再建天守閣内部は「熊本市立熊本博物館分館」となっている。
2016年4月の熊本地震の際に、現存石垣をはじめ宇土櫓などの文化財建造物、大小天守などの復元・復興建築が被災した。

熊本市中央区本丸1-1
096-352-5900
城彩苑

専門店を集めたお土産処城彩苑日本3名城の一つに称される熊本城のふもと、桜の馬場に位置します。“熊本のシンボルである熊本城から、地域の食文化や歴史、伝統を発信しお城と城下町の魅力を高めたい。”桜の馬場城彩苑は、このコンセプトのもとで誕生した観光施設です。 桜の小路23店舗では、熊本の豊かな食文化や特産品との出会いを。 湧々座では、肥後54万石の歴史と文化を体感する新しい感動体験を。 熊本城の勇壮な城郭と四季折々の自然を満喫しながら、熊本の魅力を発見できる旅が桜の馬場城彩苑から始まります。

熊本県熊本市中央区二の丸1-1-1
096-288-5600

12:30

14:00

バスで90分
スポット02

ひとよし くらめぐり人吉 蔵めぐり

人吉 蔵めぐり

みそ醤油蔵やお茶蔵、鍛冶蔵等が並ぶ鍛冶屋町通り人吉市内の鍛冶屋町・新町などには6カ所の「蔵」が点在し、施設の見学や体験講座などに利用されている。「伝承蔵(宮原工芸)」、「みそ・しょうゆ蔵(釜田醸造所)」、「武家蔵」、「御用蔵(しらさぎ荘)」、「焼酎蔵(繊月酒造)」、「お茶蔵(お茶の五木園)」があり、自家製品の製造工程の見学、郷土料理、郷土玩具のきじ馬作り体験などが行われている。

15:00

15:05

バスで5分
スポット03

あおいあそじんじゃ青井阿蘇神社

青井阿蘇神社

日本遺産に指定された国宝青井阿蘇神社青井阿蘇神社(あおいあそじんじゃ)は、熊本県人吉市にある神社である。旧社格は県社で、現在は神社本庁の別表神社。地元では親しみを込めて「青井さん」と称されている。
本殿など5棟の建造物が国宝に指定されている。

熊本県人吉市上青井町118
0966-22-2274

16:00

16:05

バスで5分

ゴール

スポット04

ひとよしおんせん人吉温泉

熊本県人吉市(旧国肥後国)にある温泉。ボーリングによる源泉が多いが、新たな源泉を開発する際に古くからの源泉より深く掘ることが多い。その場合、古くからの源泉の出が悪くなる現象が発生している。
開湯時期は不明であるが、近隣に平安時代の大同元(806)年に創建されて、熊本県に現存する文化財として唯一の国宝に指定されている青井阿蘇神社がある。1492年に相良為続が入湯した記録が残る。最初に開かれた温泉は球磨川と万江川の合流地点付近である。
人吉駅近くの現在地に温泉が開かれたのは1910年である。

清流山水花あゆの里

清流山水花あゆの里おつかれさまでした。
球磨川と豊かな山々に囲まれ、開放感あふれる温泉や地元の食材をふんだんに利用した自慢のお料理、又、自然豊かな季節の野々花と、おひとよしの里ならではの人情味深い心からのおもてなしで、皆さまをお待ちしております。

> 宿泊施設紹介へ

2日目

スタート

清流山水花あゆの里

9:00

9:05

バスで5分
スポット01

かわくだりじょうせんば くまがわくだり川下り乗船場 球磨川下り

川下り 乗船場 球磨川下り

日本3大急流「くま川下り」球磨川(くまがわ)は、熊本県南部の人吉盆地を貫流し川辺川をはじめとする支流を併せ ながら八代平野に至り八代海(不知火海)に注ぐ一級河川で、球磨川水系の本流である 。熊本県内最大の川であり、最上川・富士川と並ぶ日本三大急流の一つでもある。

10:10

11:10

バスで60分
スポット02

えびのこうげんえびの高原

えびの高原

鹿児島と宮崎の県境にあるえびの高原えびの市の南に広がるえびの高原。標高1200m、我が国最初の国立公園に指定された霧島屋久国立公園の北部に位置し、豊かな自然の宝庫としても知られる県内屈指の観光エリアです。トレッキングスポットとしても人気の高い韓国岳や甑岳をはじめ大小さまざまな山々がすそ野を広げる高原内には不動池、六観音御池、白紫池などの火山湖が点在します。春から初夏にかけては世界中でここだけに自生する天然記念物のノカイドウや霧島を代表するミヤマキリシマ、その後にも大山レンゲ、夏つばきなどが見られ、秋には鮮やかな紅葉で彩られ1年を通して楽しむことができます。

宮崎県えびの市末永
0984-35-3838

12:10

12:40

バスで30分
スポット03

きりしまじんぐう霧島神宮

霧島神宮

坂本龍馬も新婚旅行で訪れた霧島神宮閑寂な老杉の濃い緑に包まれた参道・境内を抜けると、格調高い朱塗りの社殿の荘厳かつ豪華絢爛な姿があらわれます。
建国神話の主人公である瓊々杵尊(ニニギノミコト)を祀った霧島神宮は、創建が6世紀と古い歴史を誇る神社です。 最初は高千穂峰と火常峰の間にある背門丘に建てられたといいますが、霧島山の噴火による焼失と再建を繰り返し、500年以上前に現在の場所に移されました。現在の社殿は島津氏第21代当主(第4代薩摩藩主)島津吉貴が、1715年に建立・寄進したものです。
年間100以上の祭儀が行われ、中でも毎年元旦と2月11日に本殿で奉納される九面太鼓は、勇壮な郷土芸能として県内外から注目を集めています。
この近辺には霧島の七不思議や古宮址などもあります。
(写真提供:鹿児島県観光連盟)

鹿児島県霧島市霧島田口2608-5
0995-57-0001

13:40

14:25

バスで45分

ゴール

鹿児島空港・鹿児島中央駅

おつかれさまでした

コースマップ

このプランのバスのお見積りはこちら