九観どっとねっと

GLOBAL

0120-779-779受付時間:月~金 9:00~18:00

初心者幹事さんに送る団体旅行のススメ -下見旅行編02-

団体旅行コラム|2020年2月13日

明太子づくり体験をする上田さん

明太子づくり体験をする上田さん

二日目。

プレジデントホテル博多

福岡県で1位に選ばれた洋食朝食

プレジデントホテル博多の朝食は本当にオススメです。楽天トラベルが主催する『朝ごはんフェスティバル2019』にて、洋食が福岡県第1位に選ばれたとのこと。
厚切りベーコンの上にポーチドエックが乗ったお料理は、遊び心があり、目でも舌でも楽しめるものでした。パンに塗っていただくオリジナルアップルバターは、爽やかな林檎の風味があり、胃が重たくてもついつい手が進みます。

食事処「緩音」の和定食

食事処「緩音」は和食のお店で、そちら和定食もいただいたのですが、もちろん洋食に負けず劣らず美味しかったです。
実際、評判が良い飲食店があれば社員の皆さんで足を運び、味を研究しているとのことで、そういった熱心な心掛けが高い評価に繋がっているのだと感じました。
余談ですが、スタッフの皆さんが手作りで近くの美味しい飲食店マップを作成しており、ホテル内外でも美味しいものを堪能できます。

・プレジデントホテル博多の朝食は、楽天トラベル主催『朝ごはんフェスティバル2019』の洋食部門で福岡県第1位に選ばれたほど。
・スタッフ手作りの近所の美味しい飲食店マップも要チェック。

プレジデントホテル博多
【TEL】092-441-8811
【住所】福岡県福岡市博多区博多駅前1-23-5

福岡昭和タクシー「除菌バス」

除菌バスでごきげんな上田さん

食事のあとは、まずは太宰府天満宮へ。移動はバスを利用しましたが、今回は「除菌バス」を利用いたしました。
この除菌バスは、観光バス特有の嫌な匂いがまったくなく、乗客が持ち込んだ匂いやウィルスも無効化してしまうそうです!
全体的に設備にも高級感があり、とても素晴らしいものでした。
バス会社のかたとお話する機会があったのですが、予定された行程と実際の進み具合は異なることがほとんどだそう。やはり現地の方であり、プロ中のプロの意見を聞くのは重要だと感じました。

福岡昭和タクシー
【TEL】0120-408-860
【住所】福岡市中央区渡辺通2-4-35

太宰府天満宮

太宰府天満宮

太宰府天満宮に到着。
平日だったのですが、多くの人が参拝していて、とても賑わっていました。太宰府天満宮は、菅原道真公の御墓所の上にご社殿を造営し、その御神霊(おみたま)を永久にお祀りしている神社です。いわずとしれた「学問・至誠・厄除けの神様」として、日本全国はもとより広く世のご崇敬を集め、年間に約1000万人の参拝者が訪れているそうです。

太宰府天満宮の参道

参道自体はそれほど長くはないですが、ひとつ120円の梅ヶ枝餅が美味しかったです。私は3つ食べました。外はサクサク。中はモチモチ。朝ごはんをしっかり食べたあとなのに、やはり甘いものは別腹なのでしょうか(笑)。

かさの家の梅が枝餅

梅が枝餅のお店はたくさんあります。人気店と呼ばれるお店には行列ができていました。団体旅行だったら、みんなでちょっとずついただきながら食べ比べするのも楽しいのではないでしょうか。
個人的にはですが、団体旅行で女性が多い場合はこちらの梅が枝餅の食べ比べで時間を割いておくのもいいのではないでしょうか。

太宰府天満宮本殿

天満宮の中は写真で見たとおりの印象で、梅のモチーフが至るところにあり、かわいらしさを感じました。
一番いい場所に梅の木が植わっていましたが、梅の季節に行くと眺めがいいのでしょう。裏にも梅園が広がっていて、梅の季節になると匂いも楽しめるそうです。

・太宰府天満宮では梅が枝餅がオススメ。人気店では行列ができるほど。
・春先になると梅園が見頃に。

太宰府天満宮
【TEL】092-922-8225(9時~17時)
【住所】福岡県太宰府市宰府4丁目7番1号
【駐車場】あり 8:00~18:30 普通車:500円 マイクロ:1300円 大型バス:2000円

九州国立博物館

九州国立博物館外観

続いて九州国立博物館。
太宰府天満宮から徒歩で行けます。
九州国立博物館は独立行政法人国立文化財機構に属し、東京、奈良、京都に次ぐ4番目の国立博物館で、いわゆる歴史系博物館として設立されたとのこと。また、九州が日本におけるアジア文化との交流の重要な窓口であった歴史的かつ地理的背景を踏まえ「日本文化の形成をアジア史的観点から捉える博物館」を基本理念に、旧石器時代から近世末期(開国)までの日本の文化の形成について展示しているそうです。
個人的な体感としては、博物館をじっくり見るのであれば天満宮への参拝含め2時間は必要だと思います。
430円と安価な入館料とは思えない程内容が充実していました。歴史に興味がある方はぜひ足を運んでみてください。

・九州国立博物館は東京、奈良、京都に次ぐ4番目の国立博物館。
・入館料は430円と安価。歴史好きはぜひ足を運ぶべし。

九州国立博物館
【TEL】050-5542-8600(NTTハローダイヤル)
【住所】福岡県太宰府市石坂4-7-2
【開館時間】日曜日・火曜〜木曜日 / 9:30~17:00(入館は16:30まで) 金曜日・土曜日 / 9:30~20:00(入館は19:30まで)
【休館日】月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は翌日)
【入館料】大人:430円 大学生:130円(20名以上より団体割引あり)
【駐車場】あり

大宰府政庁跡

大宰府政庁跡

続いて大宰府政庁跡。
都府楼跡の名でも親しまれる「大宰府政庁跡」は、7世紀後半から奈良・平安時代にかけて、九州の政治外交の中心を担った地方最大の役所「大宰府」が置かれたところです。こちらには石碑と説明パネルがあります。

大宰府政庁跡の緑溢れる風景

広大な跡地を眺めているだけで心が和みます。

大宰府展示館入り口

大宰府展示館では、大宰府史跡の発掘調査によって検出された遺構(溝)の一部を保存公開し、出土遺物や模型などで大宰府の歴史と文化を紹介しています。ボランティアの方がいらっしゃるので、展示館内と大宰府政庁跡について説明していただけます。団体で説明を受けたい場合は事前予約が可能です。
その次は坂本八幡宮。徒歩で行けます。

坂本八幡宮外観

令和のゆかりの神社として有名ですね。元号が「令和」に決まったときから突然人が押し寄せてきたそうです。
こじんまりした、町の小さい神社といった印象です。鳥居も頭がぶつかるんじゃないかと思ってしまうくらい小さかったです(笑)。
ただ、団体で行くにはちょっと窮屈に感じるかもしれないので、何班かに別れて行くのがいいかもしれません。
境内のなかに歌碑があるのですが、そこには令和の文字はなく、歌碑の制作を検討中なのだとか。
令和ブームですので、当然、御朱印も人気があります。私が訪れた日は宮司さんがお休みのため、書置きの御朱印をいただきました。

・大宰府展示館では、遺構(溝)の一部を保存公開し、出土遺物や模型などで大宰府の歴史と文化を知ることができる。
・坂本八幡宮は令和のゆかりの神社として有名。

大宰府政庁跡
【TEL】092-922-7811(大宰府展示館)
【住所】福岡県太宰府市観世音寺4丁目6-1
【駐車場】あり

博多はねや総本家

博多はねや総本家外観

最後は明太子づくり体験。
博多はねや総本家に到着すると、他にもバスが5台も停まっていました。やはり人気スポットのようです。

明太子づくりセット

肝心の明太子体験ですが、明太子道場の師範が教えてくださいます。私は正直、「明太子なんて誰が作っても同じなのでは?」と思っていましたが、唐辛子の入れ方や昆布の有無、ゆずを入れる場所など、その工程ひとつひとつに判断が必要で、それによって味も大きく変わるのだとか。
辛さについても、最初に試食をさせてもらえるので、それを基準により辛くするのか、それとも抑えるのかも決められます。
みんなでマスク、手袋、帽子を着用し、わいわい言いながら作るのはとても楽しかったです。

明太子を調合する上田さん

明太子自体は5日間熟成しないと食べられないのですが、逆に5日後にまた旅を思い出せるきっかけになるのではないでしょうか。「もう明太子食べた?」「楽しかったね」といった具合に。
団体さんだと、旅行の初日に作ったら、最終日に空港まで運んでもらえるサービスもあるそうです。

・博多はねや総本家では明太子作りを体験できる。(要予約)
・唐辛子の入れ方や昆布の有無、ゆずを入れる場所など、それだけで味も大きく変わる。
・団体だと最終日に明太子を空港まで運んでくれるサービスも利用できる。

博多はねや総本家
【TEL】092-576-9010
【住所】福岡市博多区月隈6丁目23番7号
【駐車場】あり(普通・大型バス・中型バス)
団体旅行の幹事としての下見旅行を終えて

今回、初心者幹事として下見旅行に行ってきましたが、「その場その場の思いつきで行動してはいけないな」ということを痛感しました。例えば、大宰府展示館から坂本八幡宮までは徒歩で行けるのですが、実際に足を運んでみると、「もし、これが30名で、しかも高齢者が多い場合は、もうちょっと余裕を持って移動しないといけないな」と感じました。やはり事前に十分にリサーチし、綿密にスケジュールを立てることはとても大切です。
ただ、今回は幸いにも下見旅行をすることができましたが、実際の団体旅行では、幹事さん本人も、事前に下見に行くことは難しいと思います。そういう意味では、先ほどリサーチが大切と申しましたが、その上で多くの人が心地よく旅を楽しむための「想像力」を養う必要があると思います。

私もまだまだ初心者幹事ですが、これからも経験を積んで、みなさんに九州の魅力をお伝えできるようがんばります!